« October 2012 | Main | December 2012 »

11/29/2012

パソコン買い替え

去年買ったパソコンが調子がいまいちなので買い替えることに。
昨日の夕方に届いたのでセットアップしようとしたらハブが10base-Tしかない、、、、
しかも接続間違えてネットに出れない。二階と一階を行ったり来たりで設定する。
やっとつながったけどめちゃめちゃ遅いうえにエラーも出ているようで赤ランプがつく。
しょうがないので今日ハブを買ってつないでみる。もちろんばっちり。
WINDOWSのアップデートや古いPCからデータを移行したり各種ソフトのインストール設定をやっていく。
大体終わったのでこれを新PCで書いてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/28/2012

演奏会と女性指揮者

日曜日にW市のオケにトラに行く。若手の女性指揮者のもと、ドボコンやブラ2を演奏。
打ち上げも練習、本番も楽しくいい演奏会だった。
妹も聞きに来てくれて意見を聞いたけど楽しめたようだった。ただチェロの音が小さいようで、桶のバランスが悪かったかもしれない、、、自分もよく音が聞こえなかったしなぁ、、、

女性指揮者はとてもすてきな女性。練習中の指示も、あいさつも、打ち上げの話もとっても楽しい女性。
まだ若いので細かな指示や乱れたオケの整え方などは未熟かもしれないけど、あんなに練習が楽しい人も珍しい。また打ち上げの時の話も、多少お酒が入っているとはいえ、あんなに楽しい女性音楽家も初めて。
12/14に演奏会があるので聞きに行くつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2012

最近見た映画(少し古いのもある^^;)

おおかみこどもの雨と雪(アニメ):
狼男を愛した女の子が子供を産んで育てる話。二人の子供が大きくなるにつれて人間になるかオオカミになるかを選択する。いい話だ。
90点


アベンジャーズ:
アメリカンヒーロー大集合の映画。アイアンマンがいいとこどりだな。あとハルクが強すぎ(笑)
単純なヒーロー物として楽しめる。
70点

プロメテウス:
エイリアンのその後の話か?モンスター同士が戦うところもあり、CGはすごいがいまいち。
70点


アルゴ:
イランのアメリカ大使館人質事件を題材にした実話をもとに作られた映画。
「アルゴ」というありもしない映画を作ったことにしてイランに隠れている大使館員6名を脱出させる話。
ハラハラどきどきで楽しめる。
85点

リンカーン 秘密の書:
アメリカ大統領リンカーンが実はバンパイアハンターだった、というお話。
バンパイア狩りがメインなのでゾンビ映画と変わらない(笑)
65点

のぼうの城:
実際に豊臣勢に攻められた北条方の忍城領主の一門成田長親が城を守って戦うことを決意し豊臣側の石田光成と最後まで戦うさまを描いた映画。のぼうさまと呼ばれる主人公の成田長親を野村萬斎、彼を慕う甲斐姫役を榮倉奈々が、その他脇役もしっかり固めてラストまでなだれ込む。スピード感もあり笑いもあり、時代劇にしてもドラマとしても楽しめる。榮倉奈々は演技はいまいちだがかわいいので許す(笑)
90点

終の信託:
人生の最後=死を迎えて尊厳死を求める患者、手を貸す医師、犯罪として摘発する検事、、、
重い話だ。でも草刈民代がきれい。ラブシーンもきれいだし演技もだいぶうまい。ラストシーンのきりりとした表情もいい。
90点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あさつき

寒くなっても元気だ。
Photo
時々収穫して食べてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近の料理

ビーフシチュー
浅葱の酢味噌和え
きゅうりのピクルス

みんなそこそこ美味しくできる。
きゅうりのピクルスはラッキョウ酢のあまりにきゅうりを洗って半分に切って突っ込むだけ。
浅葱は味噌汁もいいけど酢味噌和えがおいしい。ご飯にぴったり。
ビーフシチューは牛肉の安いのを買って圧力鍋で煮込む。市販のルーで十分。赤ワインなどを足すとおいしくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドボコンと女性指揮者

今度トラで出演する演奏会の指揮者が素敵^^
若くてかわいい感じの女性指揮者。笑顔が素敵な女性で会うたびにファンになっていく自分がわかる^o^

今度の演奏会はドボルザークのチェロコンチェルト。
合わせが少し面倒だけど、やった曲だしなんとかなる。
でも自分楽器でなくてそこの桶の楽器を借りるので音程がとりにくい。ふう、、、
でも笑顔に惚れる、そんなことを思いながら練習に参加してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »